生前葬とは?計画の仕方や意味

最近は葬儀やそれに関わる事柄を事前に調べる方が増えています。
エンディングノート。
生前葬。
などの言葉を聞いたことも多いのではないでしょうか。

 

自分の死に際を自由に決めたいという方も増えていますし、家族を亡くした方も本当の意味で見送ってあげたいと感じるようになったからでしょう。
以前、葬儀は形式に沿ったものばかりでしたが、自分の葬儀やお墓を決めておくことや、自由な葬儀を行なうことは珍しくないのです。

 

葬儀の形式にとらわれて、マナーばかりに目がいって、本当の意味で亡くなった方を見送ることができないのは意味がないと思います。
私も、常識にとらわれる葬儀というもの、お墓などは何となく違和感がありました。
母を亡くす前から色々と準備を行っていました。

 

本人が葬儀について調べる、家族が家族のために調べることは失礼なことでもなんでもなく、本当の意味での見送りを行なうことができると考えています。

 

しかし、ご自分で葬儀のことを予定していても、上手くいかないこともあるため注意しましょう。

 

○生前親しい方が多い
○男性で会社関係者が多い
○年上の親戚がまだ健全

このような場合では、自宅で葬式を行いたいと思っても難しく、結局は盛大な葬儀をあげなければならないケースも多いのです。

 

生前親しい方が多い場合は、家族葬や自宅葬は難しいでしょう。
また、男性の場合は社会的地位もあり、家族だけというケースも難しい場合が多いです。
親戚で年配者がまだ健全な場合も、古い考えにとらわれているため、小さなお葬式には反対させるケースが多いです。
亡くなった方のためと言っているようですが、何となく世間体を気にされているのではないでしょうか。

 

自宅で母の葬儀を行ないたいと言ったらこんなことを言われました。
「親戚も呼ばず近い親近者だけで行うということは、もう親戚付き合いをしないということ」
と言うのです。
お金をもらわず、本当の意味で見送りたい人だけで静かに過ごしたかったのに。。。
古い世代の親戚が居ると、中々上手くいきません。

 

私は母をゆっくりとした気持ちで見送りたかったですし、葬儀のマナーにとらわれてきちんとした見送りができないのはイヤだなと思っていました。
本当の身内だけの葬儀というのは意外と難しく、最低限近い親戚は呼ばなければならないケースが多いと実感しました。

 

亡くなる本人の希望は適わないケースもある。
見送る家族の希望も適わないケースもある。

この2点を考慮の上、生前に葬式のことを考えてみると良いと思います。
しかし、亡くなった方の思いを遂げたいといことで、強行突破することも可能だと思います。
死人に口なしで、既に口出しすることはできないからです。

 

生前葬の作法

生前葬をとりおこなう場合、悩んでしまうのがあいさつでしょう。
弔文の作成は迷う方もいるようです。
生前葬とは本来宗派にとらわれない形式のため、本人が仏教徒でなくてもかまいません。

 

会場は近くの会館を利用することもできますから、問い合わせしてみましょう。
基礎は仏式にとらわれず本人や家族が希望する方法でおこなうことです。
仏式以外でもかまわなく、供花も自由に選びましょう。

 

手続きが面倒だと感じたら、互助会の冠婚葬祭サービスを活用する方法もあります。
常識にとらわれず、基本的なポイントだけで選んで大丈夫です。

 

生前葬の種類もたくさんのやり方があります。
しかし、弔辞は子どもに依頼しておくと安心です。

 

生前葬の服装

生前葬の服装も形式的にとらわれない自由な発想で大丈夫です。
全体的にみると、ブラックフォーマルまではいかないけど、シックな服装を着る方が多くなっています。

 

人生一度切りなのだから、「お世話になった人に感謝の気持ちを伝えたい」このような気持ちで生前葬をおこなう方が少なくないようです。

 

生前葬をおこなう本人は、白装束を選ぶとよいでしょう。
住職を呼んでも呼ばなくてもかまわなく、読経が必要だと思うなら、本格的な生前葬をおこなう方法もあります。
仏法に従うかは、人それぞれです。

 

生前葬の歴史

生前葬の歴史は江戸時代にさかのぼります。
その当時は出陣すれば生きて帰ってくる保証はありませんでしたから、白装束を着て住職に読経してもらうことがありました。
自ら死を覚悟して、そのようなことをとりおこなったのです。

 

現在は調査によって、生前葬を知っているという人の割合は全体の7割を超えていることがわかっています。
以前とは葬儀への考え方も変わってきたようで、とくに女性は生前葬を知っている人の割合が増加しているようです。

 

周りの人が生前葬をおこない、出席する機会も増えてきたため、関心が高まったのかもしれません。
その様子を見て、「是非自分も生前葬をやりたい」という方もいるようです。

 

現在は少子高齢化となっているため、時代も変わり生前葬も認知されはじめました。
葬儀の主旨が変わっていて、計算されたお別れの形ではなく、心を込めた内容を希望する方は少なくありません。

 

生前葬は有名人もおこなっていた

生前葬は少数の人たちでやる場合もあれば、有名人のように盛大な生前葬の場合もあります。
漫画家の赤塚不二夫さんなど芸能人の生前葬の様子もあるようです。
大御所の俳優にもなれば、お別れを言いたい人の数も増えてしまうため、盛大なものとなるのでしょう。

 

大きな会場を借り切ってやる場合は、葬儀委員会を設けるとスムーズです。
代表者を決めておけば、進行もやりやすくなります。

 

芸能人の例ではほかにも、三船敏郎さんもおこなっています。
彼の場合は司会もいて豪華な内容で、ユーモラスな顔ぶれだったのではないでしょうか。
自分の最後の様子を披露し、笑いもあってにぎやかな様子だったと想像できます。
社交界に通じる人も、生前葬をおこなうのもよいと思います。

 

生前葬は悲しみにくれることがなく、いろいろな演出を楽しむ内容にできます。
ある意味こういったお別れ会は、無宗教に限らず、いろいろな考えの方がおこなっても問題はありません。

 

たとえば演劇をやる、音楽の流す、など喪家が楽しめる内容です。
立食パーティー形式のような大会が開かれることもあります。
いろいろな考え方で生前葬はとりおこなうことができ、基本的な意思は生存者に対し感謝の気持ちを伝えることです。

 

業者も定型に基づいた内容でおこなってくれるところがあるため、一度相談してみるとよいでしょう。
施工業者は葬祭や互助会などの支援を受けながらできます。
関係者が自由に作成する方法もあるでしょう。
世話人も設けるとスムーズに執り行うことができます。

 

業者に申し込む場合は、内容や金額をよく確認したうえで決めるようにしてください。
希望を願い出る場合では、自由な発想で執り行えるか確認することをおすすめします。

 

誰もが死するものだから思いを伝える

生前葬をおこなった人たちは、言い残すことが少ないともいいます。
身辺を整えることができるからです。
家族へ思うこと、親しい友人への思いなどを記すこともできます。

 

誰もが華々しい人生を過ごしたわけではないかもしれませんが、死ぬ前に相続のことを詳しく決めておきたい方もいるでしょう。
死後の世界のことはわかりませんが、生前葬をやっておけば周りの人への思いを残すことができることは間違いありません。

 

生前葬の特徴は、遺族となる身内と最後のときをじっくり向き合うためにも必要なことです。
突然家族が亡くなると、通夜を急いでおこなわなければならず、家族が十分にお別れを言えないまま過ごしてしまう方は少なくありません。

 

一般的なお通夜だと、周りの人たちをもてなすことで精いっぱいで、故人との別れを大切にすることはできないことが多いのです。
そのような考え方から、生前葬を選ぶ方は増えています。

 

生前葬は周囲に反対されないか?

近年増えてきた生前葬は、本人の意向を重視したものです。
日ごろの感謝の気持ちを周囲に伝えるもののため、理想的な形だといえます。
しかし、一部の人たちの間では、「生前葬をやっても結局葬儀は必要と」と思う方はいるようです。

 

納骨まで何もしないというわけにはいかず、結局は残された家族が一般的な葬儀を執り行う場合もあります。
あくまでも本人が関わりのある人に感謝の気持ちを伝える場であって、生前葬をしたからといって後で葬儀をやらないというわけではありません。

 

小規模であっても開催すれば、本人の気持ちの整理はつきます。
生前葬をやることで逆に生きがいを見つける人もいるようです。
いろいろなテーマを設けながら、趣味の内容を盛り込み、共通の趣味を持つ人たちとお話ししながら過ごすこともできます。

 

信仰などは関係がなく、自分史を上映することでも喜ばれます。
専門的な施設はまだ少ないようですが、生前葬を執り行ってくれる業者は増えてきています。

 

基本的なプログラムは設定されているものもあるため、後は本人の調整が多少ある程度でもおこなうことができます。
重要となってくるのが予算の面のため、費用が高額にならないよう調節しましょう。

 

大切な人に資産を渡す場として

生前葬は何もお別れを言う機会だけではありません。
もしかしたら資産を持っていて、その後のことを心配される方もいるかもしれません。
そのような場合に生前葬で相続人を決め、資産を分け与える機会とすることもできます。

 

相続でもめることは珍しいことではなく、生前に整理しておけば心配事が少なくなります。
必要な事項をある程度決めておけば、資産をどのようにしたいのか思いを伝えることができるでしょう。

 

生前葬の内容を決めるのが大変だと感じる場合は、業者にすべておまかせすることもできます。
すべてを自分だけで考えるのは非常に大変なことですから、事前によく打ち合わせをしておきましょう。
業者は深夜や早朝以外でしたら、いつでも相談にのってくれます。

 

生前葬は何となくやるのではなく、会社勤めで社会的地位が高い男性のニーズもあります。
死に際にお別れを言えないのは悲しいことですから、言葉を伝える手段としての利用もあるようです。

 

もしかしたら年配の方は反対する方もいるかもしれませんが、本人の気持ちを尊重して強行突破してしまう方もいます。
結局は死人に口出しすることはできませんから、何か思いが強い方は生前葬をおこなってみてください。

 

生前葬に興味を持った方は、いろいろな業者を調べてみることをおすすめします。

トップへ戻る