無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

生前に行なう葬儀の計画の仕方

最近は葬儀やそれに関わる事柄を事前に調べる方が増えています。
エンディングノート。
生前葬。
などの言葉を聞いたことも多いのではないでしょうか。

 

自分の死に際を自由に決めたいという方も増えていますし、家族を亡くした方も本当の意味で見送ってあげたいと感じるようになったからでしょう。
以前は葬儀は形式に沿った物ばかりでしたが、自分の葬儀やお墓を決めておくことや、自由な葬儀を行なうことは珍しくないのです。

 

葬儀の形式にとらわれたり、マナーばかりに目がいって、本当の意味で亡くなったからを見送ることができないのは意味がないと思います。
私も、常識にとらわれる葬儀というもの、お墓などは何となく違和感がありました。
母を亡くす前から色々と準備を行っていました。

 

本人が葬儀に付いて調べる、家族が家族のために調べる事は失礼なことでもなんでもなく、本当の意味での見送りを行なうことができると考えています。

 

しかし、ご自分で葬儀のことを予定していても、上手くいかないこともあり注意しましょう。

 

○ 生前親しい方が多い
○ 男性で会社関係者が多い
○ 年上の親戚がまだ健全

このような場合では、自宅で葬式を行いたいと思っても難しく、結局は盛大な葬儀をあげなければならないケースも多いのです。

 

生前親しい方が多い場合は、家族葬や自宅葬は難しいでしょう。
また、男性の場合は社会的地位もあり、家族だけというケースも難しい場合が多いです。
親戚で年配者がまだ健全な場合も、古い考えにとらわれているため、小さなお葬式には反対させるケースが多いです。
亡くなった方のためと言っているようですが、何となく世間体を気にされているのではないでしょうか。

 

自宅で母の葬儀を行ないたいと言ったらこんなことを言われました。
「親戚も呼ばず近い親近者だけで行うということは、もう親戚付き合いをしないということ」
と言うのです。
お金をもらわず、本当の意味で見送りたい人だけで静かに過ごしたかったのに。。。
古い世代の親戚が居ると、中々上手くいきません。

 

私は母をゆっくりとした気持ちで見送りたかったですし、葬儀のマナーにとらわれてきちんとした見送りができないのはイヤだなと思っていました。
本当の身内だけの葬儀というのは意外と難しく、最低限近い親戚は呼ばなければならないケースが多いと実感しました。

 

亡くなる本人の希望は適わないケースもある。
見送る家族の希望も適わないケースもある。

この2点を考慮の上、生前に葬式のことを考えてみると良いと思います。
しかし、亡くなった方の思いを遂げたいといことで、強行突破することも可能だと思います。
死人に口なしで、既に口出しすることはできないからです。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者