【生前葬】生前に行なう葬儀の計画の仕方

最近は葬儀やそれに関わる事柄を事前に調べる方が増えています。
エンディングノート。
生前葬。
などの言葉を聞いたことも多いのではないでしょうか。

 

自分の死に際を自由に決めたいという方も増えていますし、家族を亡くした方も本当の意味で見送ってあげたいと感じるようになったからでしょう。
以前は葬儀は形式に沿った物ばかりでしたが、自分の葬儀やお墓を決めておくことや、自由な葬儀を行なうことは珍しくないのです。

 

葬儀の形式にとらわれたり、マナーばかりに目がいって、本当の意味で亡くなったからを見送ることができないのは意味がないと思います。
私も、常識にとらわれる葬儀というもの、お墓などは何となく違和感がありました。
母を亡くす前から色々と準備を行っていました。

 

本人が葬儀に付いて調べる、家族が家族のために調べる事は失礼なことでもなんでもなく、本当の意味での見送りを行なうことができると考えています。

 

しかし、ご自分で葬儀のことを予定していても、上手くいかないこともあり注意しましょう。

 

○生前親しい方が多い
○男性で会社関係者が多い
○年上の親戚がまだ健全

このような場合では、自宅で葬式を行いたいと思っても難しく、結局は盛大な葬儀をあげなければならないケースも多いのです。

 

生前親しい方が多い場合は、家族葬や自宅葬は難しいでしょう。
また、男性の場合は社会的地位もあり、家族だけというケースも難しい場合が多いです。
親戚で年配者がまだ健全な場合も、古い考えにとらわれているため、小さなお葬式には反対させるケースが多いです。
亡くなった方のためと言っているようですが、何となく世間体を気にされているのではないでしょうか。

 

自宅で母の葬儀を行ないたいと言ったらこんなことを言われました。
「親戚も呼ばず近い親近者だけで行うということは、もう親戚付き合いをしないということ」
と言うのです。
お金をもらわず、本当の意味で見送りたい人だけで静かに過ごしたかったのに。。。
古い世代の親戚が居ると、中々上手くいきません。

 

私は母をゆっくりとした気持ちで見送りたかったですし、葬儀のマナーにとらわれてきちんとした見送りができないのはイヤだなと思っていました。
本当の身内だけの葬儀というのは意外と難しく、最低限近い親戚は呼ばなければならないケースが多いと実感しました。

 

亡くなる本人の希望は適わないケースもある。
見送る家族の希望も適わないケースもある。

この2点を考慮の上、生前に葬式のことを考えてみると良いと思います。
しかし、亡くなった方の思いを遂げたいといことで、強行突破することも可能だと思います。
死人に口なしで、既に口出しすることはできないからです。


いい葬儀の特徴
病院で亡くなったらどうしよう?と急いでいる方の相談を受け付けています。「病院から紹介された搬送業者はぼったくられそうで心配・・・」このような不安を抱えている方でも安心して無料で相談できます。葬儀業者ではなく第三者の目線から、最適な業者を紹介してくれます。葬儀いらないという方にも、病院からの搬送だけでも利用できる業者です。
価格
無料
評価
評価5
備考
葬儀のポータルサイト
いい仏壇の特徴
日本全国にある仏壇店8,000店舗以上を検索できるポータルサイトです。仏壇の必要性に疑問を持つ方でも設置しやすい、リビング仏壇や壁掛け仏壇を探すことができます。最初は仏壇はいらないと言っていても、結局買う人も多いため情報を得ておきましょう。10万円のギフトカードがもらえます。
価格
無料
評価
評価5
備考
仏壇のポータルサイト
いいお墓の特徴
葬儀がいらない、戒名いらないという人でも、公営霊園で利用できる「永代供養墓」の利用は必要となります。いいお墓は全国8,000件もの霊園や墓地を検索できるポータルサイトです。口コミも多数掲載されているため、情報収集先として選んでみましょう。無料で資料請求や現地見学予約ができます。
価格
無料
評価
評価5
備考
お墓のポータルサイト
トップへ戻る