無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

宇宙葬

現代では様々な散骨方法がありますが、その一つが「宇宙葬」です。
山に散骨する方法、海に散骨する方法など自然に返りたいという希望をかなえるのが散骨で、その一種である宇宙葬はもしかしたら宇宙旅行に憧れている人が利用するのかもしれません。

 

生前、宇宙飛行士になりたかったという方、宇宙がとても好きだったという方にはピッタリの散骨方法だと思います。
宇宙葬といっても、本当に宇宙に行くのではなく宇宙の手前までいって散骨し、散骨されたものは地球にチリとなって降ってきて燃え尽きるといわれています。
本当に宇宙に行くわけではないのですが、宇宙に行く希望の一部が適ったといえるかもしれません。

 

宇宙葬の値段は?

気になるのが値段ですね。
散骨は10万円程度から可能な場合が多く、一般的にお墓を作るよりもかなり安価な値段です。
一方宇宙葬はロケットに遺骨を乗せるため、100万円程度かかってしまいます。
これなら納骨堂を買ったり、お墓を建てた方が良いと考える方もいるのでしょうが、故人が宇宙に行きたいという願いがあったなら実現させて見るのも良いのではないでしょうか。

 

宇宙葬で利用する遺骨は一部のみ

宇宙葬と聞くと全ての遺骨を散骨してしまうように思いますが、実は宇宙に送る事ができる量は限られており、7gと決まっています。
全ての量を散骨する分けでは無いため、一部を納骨したり、一部を手元供養として残しておくと良いでしょう。

 

宇宙のゴミとなる?

宇宙に打ち上げられた遺骨はカプセルに詰められ送られることになります。
宇宙のチリとなりゴミとなってしまうのではないか?という疑問が出てしまいますね。
その通りで直ぐに地球に落下してきて燃え尽きる分けでは無いため、利用者が多くなれば地球の周りのゴミが増えてしまう可能性もあるのだとか。
今後はカプセル型ではなく、宇宙空間に粉末状にした遺骨を直接散骨する風に変わってくるかもしれませんね。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者