無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

故人名義の銀行口座は凍結される

人が死亡してしまうと、死亡が確認された時点で故人の銀行口座は凍結されてしまいます。
どうやって知るかは不明ですが、凍結されてしまうケースも多いため、早めに現金を引き出すなど対処しておいた方が良いと思います。
亡くなったら葬儀など多額の費用が発生し、凍結されてしまうと費用を支払うことができなくなってしまいます。
口座の名義変更は相続と一緒で、ちょっと面倒です。

 

近くに亡くなる可能性が高い家族がいる場合、早めに少しずつ口座からお金を引き出しておいた方がよいと思います。
亡くなった後に、多額の費用を引き出したことになると、後々相続のトラブルや相続税なども絡んでくるため、早めに対処しておいた方が良いと思います。

 

しかし、銀行によっては多少の費用を引き出すことができるケースもあるようです。
葬儀にかかる費用は100万円〜200万円程度ですから、一部を引き出せるか確認してみて下さい。
その際には、戸籍謄本や印鑑証明など書類が必要となり、勝手に遺族の一人が引き出せないよう対処しています。

 

亡くなる直前に引き出せばOK?
後々口座が凍結されて、お金が引き出せなくなるなら、事前に引き出しておけばよいのでは?
と思われると思います。
実質的にはこのように対処されている方が多いのですが、多額な費用を一度に引き出した場合はNGの場合もあり、注意した方が良いとおもいます。
お金には相続税が絡んでくるため、亡くなる直前に多額の費用を引き出していればバレるに決まっています。

 

生活費を工面するための費用だったり、入院費の支払いのため、葬儀の費用の一部程度など、それ程多く無ければ相続税は発生しませんが、あまりにも多額な費用は避けておいた方が無難です。
入院中に生活費として少し多めに引き出しておいたり、亡くなる直前に少ない額を引き出す程度は特に問題は無いみたいです。

 

私の場合は、銀行口座が引き落としの口座となっているため、多少の費用を残し生活費として引き落としました。
それ程多くの費用は貯蓄されていなかったため、葬儀費用の一部程度で特に問題は無かったと思います。
その後口座が凍結されたようで、引き落とし関係ができなくなったと業者から連絡が来ました。
特に私からは銀行に連絡していませんが、どうやって知るのでしょうね。
新聞に葬儀の事を記載して知ったり、町内会などから知るのかもしれません。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者