無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

親の葬儀費用を用意できない場合は?

親の葬儀費用は誰が負担する?でも詳しい内容を紹介しましたが、親の葬儀費用は前々から考えておかないとなかなか用意することはできないのです。最低でも50万円、少なくとも100万円、できれば200万円くらい準備しておくと便利です。しかしイザという時に親の葬儀費用が足りなかったら?そんなときの対処方法をお伝えします。

 

親の葬儀費用を用意する人は多い?

実は親の葬儀費用を準備している人は少なめなのです。イザというときはいつくるか分かりませんし、たとえあともう少ししか生きられないと分かっていても必要な費用を準備できている人は少なめでしょう。
・親の突然死
・子どもがまだ若い
このようなケースでは親の葬儀費用は工面することができません。イザというときにどこからお金を借りたら良いか知っておくようにしましょう。直ぐ借りられる即日キャッシングに頼りがちだともいえるため、お金が無いなら無いなりにリサーチしておくことをおすすめします。

 

万が一の際はカード払いでもOK

最近の葬儀屋は全て現金払いというわけではないようです。私が利用した家族葬の会社は現金で受け取りましたが、カード払いでもOKでした。私の場合は現金を用意できたから良いのですが、誰でもそうとは限らないと思います。

 

カード払いなら後々親の葬儀費用を誰が工面するか?香典からまかなうことはできないのか?などゆっくり考えることができます。とりあえず喪主がカードを使い決算しておく方法も考えてみてください。

 

ただし、クレジットカードのリボ払いは消費者金融の金利より高めに設定していることが多いため注意してください。一括払い、ボーナス一括払いができるなら良くても、長期リボ払いだとクレジットカードでは損してしまう可能性があります。

 

そもそも葬儀費用はいくら?

我が家では家族葬を利用したわけですが、当初は30万円から50万円くらい?と思っていました。しかし最終的には80万円程度かかってしまいました。業者さんに詳しく聞くと、料金が安いプランは参列者の人数が少なめになっているとのこと。

 

親戚が色々といたため、結果的には80万円程度になったわけです。こればっかりは避けられませんから、30万円に押さえたいとしてもできることではありません。
平均的には家族葬葬儀では50万円から100万円、一般の葬儀では100万円から200万円程度かかります。参列者が多く香典が多く集まると予想できるなら一般葬儀でも良いかもしれません。しかし親の葬儀で身内しか来ないなら家族葬のほうが費用は抑えられます。

 

葬儀ローンはあるの?

葬儀会社によっては提携している信販会社などがあり、ローンを提供していることもあります。パンフレットなどにも書かれているため事前にチェックしておきましょう。大抵は信販会社などですから、金利は消費者金融並みに高い可能性はあります。多少消費者金融よりは金利は低くても、銀行からお金を借りるような感覚ではいきません。

 

葬儀ローンは長期になればなるほど利息が高くなるため、小額融資で短期間の内に返済するものと考えておくことをおすすめします。

 

キャッシング利用はありか?

最後にキャッシングの利用はありか解説しましょう。アリか無しかでいえばありです。親が亡くなってしまい、突然のことで現金を用意できないことは多くあるでしょう。そんな場合に便利で、親の貯蓄があるかもわからなければとりあえずキャッシングで済ませる方法もあります。

 

また、親が残した貯蓄があることがわかっていても、夜間だとお金を下ろすことはできませんし、平日の昼間だとしてもキャッシュカードの暗証番号や通帳の印鑑が見つかるとは限りません。とりあえずという意味であればキャッシングもひとつの手ではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者