家族が亡くなったら・・・実体験より

お別れ会による葬儀

無宗教の場合、今までの葬儀のスタイルに疑問を感じる方に利用されているのが、「お別れ会」による自由な葬儀です
僧侶を呼ばず戒名などは不要だと考えているなら、お別れ会という形でも良いのではないでしょうか。
葬儀は仏教に基づき行なわなければならないというスタイルは、必ずしも全てではありません。

 

また、お別れ会といっても、葬儀は家族のみで行ない後日お別れ会を行なう方法、葬儀は行なわずお別れ会のみというケースに分かれています。

 

葬儀の後のお別れ会

これは葬儀だけは家族のみで行ないたいという方が増えているためです。
葬儀は家族や親戚など少ない人数で行い、より近い方だけで行ないます。
しかし、友人や会社関係の人などもお別れしたいという場合もありますし、沢山の方にお世話になった方では、別にお別れ会を開くケースがあるのです。

 

故人とお別れを行なってもらい、生前の事を皆で話してもらう場として提供されたり、故人とかかわりがあった方にお礼という形でも提供されています。
家族葬をおこなっても、せめてお別れ会は行いたいという方も多いですね。

 

後日にお別れ会を行う場合は、遺体に直接お別れをいうことはできませんが、形式的な心の区切りは付けられる可能性があります。
どうしても葬儀に参列したいお友達が居れば家族葬に参列してもらい、お世話になった方達にはお別れ会という形が良いのかもしれません。
また、人数が多く葬儀に参列してもらえない方も、別にお別れ会を開いた方が良いでしょう。

 

お別れ会のみの葬儀

無宗教の場合、形式的な葬儀に疑問を持っていた方などは、葬儀というスタイルは取らず、自由な発想で行なうお別れ会のみを行なっています。
「葬儀は不要」といっていた故人がいても、何か行なってあげたいという家族の気持ちは一緒ですね。
通常行なわれている葬儀という形ではなく、故人が大切にしていたことなどを披露する場としても良いと思います。

 

お別れ会を行なう場所

お別れ会はあまり多く行なわれていません。
増えてきたとはいえ、慣れていない葬儀会社も多く、自由な形のお別れ会をしたいと告げておきましょう。
お別れ会を希望するなら、事前に葬儀会社を選択しておいたほうが無難です。
ホテルなどを貸しきって行なう方法もあります。
しかし、進行を行なうスタッフなどはお別れ会に慣れている葬儀会社のほうが良いかもしれません。

 

人数が多くなければ、親しい人のみを招いてホテルで食事を行なうという方法も良いと思います。
その際には、遺影を飾る祭壇、花などを別に用意しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者