無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

葬祭費・埋葬料がもらえる

葬儀が終わったら、故人が使用していた保険証などの手続きが待っています。
葬儀が終わっても、しばらくは仕事を休んでおくと、手続きに時間を作ることができますね。
故人が亡くなった思いもありますし、直ぐに出社というのは避けた方が良いように思います。

 

葬祭費・埋葬料がもらえるのは、健康保険証に対してです。
国民健康保険では葬祭費、健康保険の場合では埋葬料という形で費用がもらえます
自治体によっても異なるようですが、3万円程度もらうことができます
地域によっては5万円程度ということもあります。

 

これらの費用は喪主に対して支払われますが、葬儀を行なった方でも申請することができます。
葬儀に参列していただいた方にお返しする際に使用するハガキなどを持参し、喪主と証明することができます。
振込みを行なってもらう銀行の通帳や印鑑などを持参し、区役所などで手続きしましょう。
その他、死亡診断書が必要な場合もありますから、事前に確認しておいて下さい。

 

請求できるのは2年程度ですが、健康保険所の返還は速やかに行なった方が良く、請求も早めに行なっておくと良いでしょう。
葬儀の後の法要の費用に当てたり、仏壇、お墓など費用も必要になってくるため、早めに申請しておいた方が便利だと思います。

 

健康保険証の納付費用が帰ってくることも

健康保険の費用を一括で支払っている場合、既に支払っている分があり、返還される費用が発生するケースもあるようです。
納付書を持参の上、返還してもらう費用が無いか確認してもらいましょう。
場合によっては追加費用が発生するケースもありますが、健康保険所の費用を支払っていなかった場合は仕方が無いでしょう。
財産を遺産すると言うことは、借金も同時に違算する事になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者