無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

無宗教で葬儀

日本人の多くは仏教を信仰していると思いますが、現代では昔からの習わしで仏教を信仰しているように思っていても、実はそれ程仏教を信仰していたわけではないという方も多いのではないでしょうか。
最近は、無宗教による葬儀を行なう方も増えてきています。

 

無宗教による葬儀とは、宗教にこだわらず行なう方法で、もちろん仏教のお経や戒名などは不要となります。
お坊さんを呼ばない方法で、自由な発想で葬儀を行ないお別れ会のような形となります。
特に仏教にこだわりが無く、残された家族に負担が無く、本人らしい葬儀を行ないたいなら、家族に無宗教の葬儀をお願いしておきましょう。
しかし、無宗教の葬儀とはいっても、自由な発想で行なうため、ちょっとやり難いことはあるかもしれません。
形式的に行なった方が、流れ作業で葬儀業者に全てお任せとできるため、楽ではあります。

 

無宗教葬儀では後々問題が

最近増えている無宗教葬儀ですが、納骨のことまで考えているでしょうか?
お寺とのかかわりが今後あるなら、葬儀の際にお経を読んでもらったり、戒名をつけてもらったほうが良いケースも多いのです。

 

お寺というのはある宗派に基づき運営されており、お寺に納骨するなら当然そのお寺の宗派に従わなければなりません。
お寺の納骨堂に入れることを考えているなら、無宗教葬儀は難しいかもしれません。
ある程度自由な発想で現代的なお寺さんも増えており、「葬儀は無宗教だが納骨は可能か」ということを事前に確認したほうが良いかもしれません。
納骨するなら戒名は必要だと言われるケースも多くなっているのです。

 

無宗教葬儀の納骨先

無宗教葬儀の場合では、市などが運営している宗教を問わない納骨堂や、お墓を探すのが一番です。
民営の墓地でも宗教を問わない場合は問題ありません。
散骨、樹木葬、手元供養を行なおうと思っている場合も、無宗教葬儀で行なえます。

 

また、市などで運営している合同墓地を利用し、遺骨をまとめて納骨してもらう方法も利用出来ます。
札幌市では平岸霊園に存在しており、1900円で永代供養が可能となっています。
しかし、一度納骨してしまったものは遺骨は返してもらうことはできず、お墓を作ることができない遺族の居ない無縁仏を納骨するものとして基本的には作られたものです。
遺骨の一部を手元に残しておき、一部を納骨する考え方もできます。

 

親戚に反対される

無宗教葬儀を行なおうとすると、必ず親戚に反対されるように思います。
古い考え方の方、仏教を信仰している方などは、お経を上げないと成仏できないと考えたり、戒名をもらわないとダメと考えてしまうようです。

 

無宗教葬儀はだんだんと広まってきているように思いますが、実情はほんの一握りにすぎません。
私も母が亡くなった時に、宗教にこだわらない葬儀を行ないたかったのですが、やはり家族の理解は得られませんでした。
未だに仏教に基づいた葬儀が必要だったかは疑問です。
しかし、ある意味形式的に行なうのは、突然家族が亡くなった人にとって必要かもしれません。
亡くなった故人が無宗教派で、その子供も無宗教葬儀を希望していても、古い世代の人がまだ健全なら難しいこともあるでしょう。

 

どこまで仏教に従うか?

無宗教葬儀とはいっても、どこまで自由にするかは自由となります。

戒名は不要だけど、せめてお経だけは上げたい・・・
四十九日のように節目のお別れ会をしたい。
無宗教だがお線香は上げたい。

など・・・
その点は、無宗教にこだわらず、やりたい事をやるのが一番だと思います。
仏教のしきたりやマナーばかりを気にしていると、意外と故人とのお別れはできないもの。
マナーに縛られず、本当に亡くなった方を悲しむ方達で過ごしたいなら、無宗教葬儀でも良いのではないでしょうか。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者