無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

葬式場の選び方

最近は家族葬が流行ってきていると入っても、完全に自宅で葬儀を行なえる家庭は少なくなっています。
私も最初は自宅で葬儀を身内だけで行なおうと思いましたが、親戚だけでも数十名になってしまうため、断念しました。
高齢で身内が少ない意外は、式場を借りるのが一般的です。

 

市営の式場

市営など公共の機関で利用できる葬儀場というのも増えてきています。
また、地域で利用できる区会館などを利用すると、式場を押さえられるケースもあります。
費用をできるだけ抑えたい場合、こういった自治体が運営している会場を押さえておくのも一つの方法です。
マンションの共用部屋を利用するなど、参列する人が少ないならこういった場所を利用するのもおススメです。

 

地域の葬儀会社に依頼

地域には必ず葬儀会社というのものが存在しているはずです。
最近は大手の業者が進出してきているため、こういった小さな葬儀会社は大手の下請けを行なっているケースも多いようです。
イオンでは格安の葬儀を取り扱っているようですが、恐らく地域の葬儀会社を下請けに持ち契約しているのでしょう。
イオンが直接葬儀を行なってくれるわけではないはずです。
下請けとなっている地域の葬儀会社は、値段的にも良心的であるケースもあると思います。
豪華なものではなく、地味でも心のこもった葬儀を行ないたいなら、こういった地域の葬儀会社を利用するのも一つの方法です。
しかし、積極的に営業している葬儀会社は少ないですね。

 

大手の葬儀会社に依頼

最近は分かりやすくパック料金になっていたりして、利用者も増えていると思います。
一般的に利用される祭壇や棺おけなど全てがパックになっていて、追加料金は引き出物や料理などの面で発生するようにできています。
急に家族が亡くなった場合、細かい部分まで聞かれるより、こういったパックになった商品のほうが選びやすいというメリットもあります。
入会金0円で会員になれる、葬儀場を保有した大手の業者を利用する方法も良いでしょう。

 

お寺での葬儀

既に利用しているお寺さんがあるなら、お寺で葬儀を行なう方法もあります。
部屋を借りて葬儀を行なうことができ、わからないことがあればお寺さんに聞くこともできます。

 

火葬場での式場

直葬を行なうなら、火葬場に遺体を安置してもらい、簡単な葬式を上げることができる場合もあります。
直葬とはいっても、僧侶を呼ぶことは可能で、あまりお金をかけたくないけど、簡単な葬儀を行ないたい方には良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者