無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

四十九日前に用意したい位牌

葬儀が無事に済むと、今度は四十九日の法要が待っています。
葬儀が終わった後に「繰り上げ法要」として一緒に行なっておく方法もありますが、四十九日だけはきちんと行ないたいと考える方が多いようです。
四十九日は亡くなった方の魂が天に昇ると考えられており、ある節目となる儀式だからです。

 

私も母の四十九日を終えましたが、何も知らないで行なってしまい、ちょっとしたミスを行なってしまいました。
それは、四十九日までに別に位牌を用意しなければならないということです。
位牌は注文してから1週間ほど日数がかかるのが一般的で、早めに申し込まなければ、四十九日までに間に合わせることができないため注意しましょう。

 

 

 

 

 

葬儀で使う位牌

位牌は葬儀で使ったものがあるが、それで良いのでは?と思ってしまいますね。
私も位牌は一つだと思っていましたが、漠然とその大きさは変だなとは思っていました。
イメージとしてはもっと小さい位牌を皆さん持っているはずなのに・・・

 

実は葬儀に使われる位牌は、「白木の位牌」を利用するもので、仏壇におさめる位牌とは別のものなのです。
これを知らないと、四十九日の日に新しい位牌を用意することができなくなってしまいます。
この風習は昔から行なわれているものではなく、割と新しい風習のようですね。
葬儀に位牌を作ったのに、また新たに作り直すのは何となくもったいない気がしました。

 

白木の位牌は納骨する際に一緒に収めたりします。
通常は仏壇には入れません。
その大きさから仏壇に入らず、作り直す風習ができたのかもしれませんね。

 

四十九日には白木の位牌から、漆塗りの位牌へと魂を移す儀式が行われるようです。
しかし、位牌が要らない宗派というのも存在していて、浄土真宗では位牌を仏壇に納めるという方法は行ないません
掛け軸に戒名を書き入れ、仏壇におさめます。
元々仏教には位牌という風習は無いそうで、位牌に魂が宿り一生懸命お参りするという風習はちょっとおかしいのだとか。
あまり位牌にこだわることがないのが、浄土真宗のようです。
浄土真宗は掛け軸や過去帳に関しても、お参りすることはありません。
ちなみに浄土真宗の掛け軸は数千円から作ることができますが、位牌だと1万円程度〜と高額になります。

 

位牌は、一人につき一つ用意しなければならないわけでは無く、夫婦で一つにしたり、古い先祖を一緒にするケースもあるようです。
仏壇が大きくない現代では、位牌は1つにまとめるのが合理的ではないでしょうか。

 

位牌は中国から伝わった

位牌というのは元々中国から伝わったもので、禅宗は中国の影響を受けており位牌を用意します。
位牌という習慣は、江戸時代より行われているといわれています。

 

魂のよりどころという考え方と、仏教とが混じった風習といえるみたいです。
本来は白木の位牌をそのまま利用することもできるはずですが、現代では四十九日に漆塗りの位牌へと変える風習ができあがってきたようです。
最近では黒い漆塗りのものだけでなく、木製のナチュラルなもの、クリスタルなども作られています。

 

多くの場合、位牌に名前を彫る場合は専門店で行なってもらうため、1週間〜2週間ほど日数を生じてしまいます。
彫る機械を持っている位牌専門店などは、1週間以内に作成することもできます。
位牌を作る場合は早めに行なった方が良いでしょう。
また、間に合わない場合は白木の位牌をそのまま利用する方法でも特に問題は無いのかもしれません。

 

浄土真宗の掛け軸の場合でも、戒名を書いてもらう作業が必要となり、数日程度必要となることが多く、早めに注文した方が良いでしょう。
幸い私の場合は、位牌が不要な浄土真宗だということが分かり、掛け軸を四十九日までに作成することができました。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者