無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

一日葬とは

よりシンプルな葬儀の形が登場してきて、今後は1日のみで葬儀を終わらす方法も出てきています。
これを「一日葬儀」と呼んでいます。

 

通常はお通夜に1日、葬儀に1日かけますが、お通夜と葬儀を一緒に行なう方法が、一日葬です。
忙しい現代人は2日間も仕事を休むことは難しいこともあり、新しいスタイルとして登場しました。

 

一日のみ葬儀にかかわる儀式を行なうため、参列者への挨拶や料理などの負担が少なくなります。
金銭的に安いだけでなく、お礼を言ってまわる精神的負担も軽くなることでしょう。
多忙な現代人に合わせるだけでなく、喪主が高齢である場合や、2日も体力が持たない病気の方などにも良いかもしれません。

 

家庭で遺体を安置してゆっくりとお別れを行い、翌日葬儀場へ移動して葬儀が行なわれます。
お通夜と葬儀が一緒になったスタイルですから、その日に火葬場へ移動し火葬することになります。
遠方から訪れる方の負担を減らすために利用されても良いでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者