無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

納棺・湯かんについて

故人の身支度を整えて、女性の場合は化粧を行い棺に納めることを「納棺」と呼んでいます。
湯かんは遺体を入浴させることですが、簡単に清拭で済ませる方法もあります。
どちらも身支度を整えて体を綺麗にし、顔を整えて棺に納める方法です。
清拭は既に病院で済ませてある場合もあります。

 

納棺の作業は、是非故人を親しく思っている方は参加すべきです。
故人を亡くした家族はとても辛いことですが、改めて家族が亡くなったのだという認識をするために、役立てられると思います。
私も母の納棺に参加しましたが、なぜか涙は出ず、「綺麗にしてくれてありがとう」という気持ちや、亡くなったのだという認識がもてたように思いました。

 

亡くなった人の姿を見るのはとても辛いのですが、納棺は故人の死を改めて見つめなおす良いものだと感じました。

 

「おくりびと」という映画で納棺を行う人がいるおとを知りましたが、とてもすばらしい仕事だと思います。
納棺師によっては雑に扱われてしまうこともあると思うので、信頼できる葬儀業者を依頼した方が良いと思います。
場合によっては、遺族が手伝っていろいろと体を整える方法もあるそうです。

 

衣装の種類

宗教によっても衣装の違いがあります。
事前に宗派を確認しておくと良いでしょう。
また、自由な葬儀を行なう際には、故人が大切にしていて着物を着せる方法もあります。
事前に塗って選んでおくのも良いのではないでしょうか。

 

副葬品

最近は火葬場の依頼もあり、副葬品を一緒に入れることは少なくなっています。
ダイオキシンが発生するものは一緒に入れないようにしましょう。
写真など小さなものだったら大丈夫だと思います。
場合によってはあたらな旅支度となる道具を収めることもあります。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者