無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

集会所での葬儀が無くなった

昔は団地などにある集会所で、葬儀が行なわれている様子をみることがありました。
でも、最近は集会所で葬儀をあげている人はあまりみなくなりましたね。

 

その理由にはいくつか考えられます。

・ 隣近所との付き合いが薄くなってきている
・ 集会所だとお手伝いが必要
・ 葬儀会社に依頼したほうが楽

などの理由からです。

 

昔は隣近所の人との付き合いがとても深く、お互い様でみんな葬儀の手伝いを行なったりしていました。
普段から親交があって、何かあったときには、当然その方の葬儀にも出ていました。
集会所だと必ずお手伝いをしてもらう人が必要となり、昔は近所の人たちが交代でその担当をしていました。

 

今ではわざわざ手間をかけてもらい、お手伝いに来てもらうほど、近所の人たちとは繋がりが無いのが現状でしょう。
お手伝いしてもらえば、当然お礼もしなければなりませんし、誰かに来てもらうと相手が亡くなったときにも自分がお手伝いする必要性がでてきます。

 

会館を使用したほうが便利

集会場での葬儀の場合、遠方から来た人をお迎えすることができません。
別途ホテルに泊まってもらうのも変ですし、集会場は隣近所の人たちだけが葬儀に来る場合に適している方法です。

 

今は遠くに住む親戚などもいますから、その人のために会館を借りて、その場所に宿泊してもらったほうが便利な場合が多いようです。
集会所なら、座布団や食器類、寝具などもすべて揃っていて、遠方から来た人に宿泊してもらうことができます。

 

集会所で葬儀をする場合もあり

団地では必ず集会所がありますから、親交が深い団地内であれば、普通に集会所での葬儀は行われています。

 

たとえば、我が家の近くには雇用促進住宅があるのですが、そこには各家庭にお風呂が設置されておらず、共同の入浴場でみんなが入ります。
当然毎日近所の人たちと顔を合わせることになり、親しくなるので、誰かが亡くなると葬儀に行ったりすることはよくあります。
集会所での葬儀は少ないのですが、近くに会館があって、隣近所の人もお手伝いに行くケースもみかけることがありました。

 

稀に集会所での葬儀もあったようで、そのような場合は身寄りが少ない方や、お金をかけたくないという理由で集会所を利用することもありました。
集会所は住んでいる人が使う権利がありますし、亡くなった人が団地の集会所で葬儀をあげて欲しいと言い残していれば、当然そういうケースもあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者