無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

海への散骨

亡くなったら自然に戻るのが、自然の摂理なのではないでしょうか。
生前から自然に返りたいと希望する方も増えており、海への散骨のニーズも高まってきています。
動物も死ねば自然に返るのに、人間だけ自然に返らないのは何となく変かもしれませんね。

 

また、お墓の継承者がいない現代では、家族に迷惑をかけたくないという思いから、海への散骨を希望される方も多いです。
海への散骨は現段階では特に違法ではなく、周りに迷惑をかけない方法なら認められています。

 

散骨の注意点

散骨にはある程度のルールが存在しています。
国も認めている方法ではありますが、節度を守り周りの人に迷惑をかけない方法で行なう事を義務付けています。
人が住んでいる住宅街に散骨するなど、問題外です。

 

・ 粉末状に加工し遺骨である事を分からなくする
・ 海水浴場などを避け、沖合いに行って他人の迷惑にならない場所で行なう
・ 自然に返らない物を一緒に投棄してはならない

 

海への散骨の方法

 

 

一般的には散骨を行なっている業者を通して行なうことになります。
海への散骨を行っている業者を見つけておきましょう。
海へは船で移動しますが、1隻チャーターする場合と、他のお客さんと一緒に利用する方法では値段も違ってきます。
合同で利用する際には、10万円程度から利用できます。

 

まずは業者に連絡をして、遺骨を粉末状に加工してもらいます。
このとき全ての遺骨を散骨したくない場合は、一部分を手元に残して置きましょう。
手元供養としておいて置いたり、一部を散骨して一部を納骨する方法もあります。

 

船を合同で利用する際には、一般のお客も居る場合があり、喪服は避けた方が良い場合もあります。
船を一隻チャーターする場合はその限りではありません。
海に散骨するためにはある程度のルールがあるため、専用の業者に依頼した方が良いでしょう。

 

家族の理解が得られるか注意

散骨はまだまだ新しいスタイルのため、家族に受け入れられてもらえるかは微妙だと思います。
日本では遺骨は納骨堂やお墓におさめるのが一般的で、遺骨を自然に戻してしまうという形には違和感を感じる方が多いようです。

 

故人が希望していたとしても、適わないケースが多く、事前に話し合っておくようにしましょう。
高齢の親戚がまだ残っている場合では、適わないケースも多いようです。

 

遺骨はお墓におさめていつでもお参りできるというスタイルが一般的ではないでしょうか。
安易に行なってしまうと、残された家族がお参りできる存在を失ってしまい、故人への気持ちの整理ができない場合もあり注意しましょう。

 

家族が反対するケースもありますが、残された家族が気持ちの整理が付かないというデメリットもあるのです。
私も最初は母を散骨しようと思いましたが、全てを散骨するのは何となく悲しい感じがしました。
家族の反対もあり納骨堂に入れることになりました。
散骨する事が決まった場合でも、一部を手元に残しておくことをおススメします。

 

私は、遺骨をお寺に納骨する際でも悲しい気がしました。
海に散骨してしまうとなると、もっと切ない気持ちになってしまうのではないでしょうか。
必ず一部の遺骨は残しておいた方が良いと思います。

 

一部を残す場合は、それぞれの家族に分骨したり、ペンダントなどに加工して渡す方法もあります。
遺骨が複数あると良くないという迷信もありますが、遺骨に魂が宿っているわけではないと思うので、残された家族の心のよりどころとして考えて持っておくと良いのではないでしょうか。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者