無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

仏壇の必要性とは?

現代では、「お墓も仏壇も、葬式も要らない」という人が出てきており、仏壇の必要性も問われてきていると思います。
これらはすべて仏教に基づいた儀式であり、仏教を信仰していない方にとって不要だと感じたり、現代のお葬式など関係する事柄が無駄だと感じてしまう場合もあるでしょう。

 

仏壇の必要性とは?

 

仏壇とお墓どちらに魂が宿るの?

家族の葬儀を行なうと、色々な事を経験する機会があり、仏壇とお墓についても疑問を持つこともあると思います。
仏壇には位牌があって魂が宿っていると考えられているのに、なぜお墓もあるのだろう?と思ったことはないでしょうか。
遺骨を粗末に出来ないのはわかりますが、一体どちらに故人の魂が宿っている?

 

位牌は四十九日に魂入れを行い、仏壇に納めて毎日お参りします。
位牌には亡くなった方の魂が入っているという考え方なのです。
しかし、浄土真宗では位牌に魂が宿っているとは考えておらず、単なる戒名を書いたものという扱いのようですね。
仏教の宗派によっては、必ずしも仏壇に故人の魂があるとはいえないみたいです。

 

では、お墓は何が居るのでしょうか?
仏壇は阿弥陀如来、釈迦如来、大日如来などの仏様が居る場所で、小さなお寺としてあるものです。
その脇にご先祖様が居るわけですね。
お墓は仏様はおらず、ご先祖様が居る場所と考えられているようです。

 

何だか良くわからなくなってきましたが、本当に仏壇やお墓には魂があるのでしょうか。
魂がないとすれば、お墓や仏壇は要らないという人がいても良いはずです。
仏壇やお墓は、残された家族が仏様にお参りする気持ちを持ったり、ご先祖様に感謝する場として考えるのが良いのではないでしょうか。
形にこだわらなければ、気持ち一つで感謝はできるはず。
仏壇やお墓にこだわらなくても、きちんと感謝したり、故人を思い返すものがあれば不用かも知れません。

 

本来は私たちの心の中にある

仏壇やお墓は形があるものを残し、ある対象物に対しお参りしたいという気持ちがあるのではないでしょうか。
本来は故人の魂は私たち一人一人の中にあるもので、いつでも感謝の気持ちを伝えたり、お参りしたりできるものです。
日本人は形にこだわる習慣があり、お墓や仏壇として形がないとダメと考えてしまうのでしょう。

 

仏壇やお墓があっても、その人への気持ちがなく、ほとんど置いてあるだけでは意味がありません。
魂は仏教では極楽浄土に行くと考えられており、私たちの住む場所にじっとしている存在ではないかもしれません。
本当に仏壇やお墓に魂があるかは疑問となってしまいますね。

 

仏壇やお墓は、お線香を上げてお参りするという良い習慣を学んだり、手を合わせることで自分の気持ちを素直にするという意味もあるのかもしれません。
私たちには心のよりどころが必要で、それが仏壇やお墓にあると考えるなら、それは重要となる事でしょう。

 

浄土真宗の考え方なら必要ないかも

親がなくなった時、家族がなくなった時などには仏壇の必要性を考える人も多いようです。そもそも仏教では本当に仏壇は必要だといっているのか考えてみました。浄土真宗では仏壇は本尊との繋がりのためで、阿弥陀如来や阿弥陀仏の仏様をお参りするためのものです。家族の健康を願う、ご先祖様への感謝などの場として仏壇を置くとしているようです。

 

仏壇とは故人が家族にいるとかは関係がなく、仏教徒なら阿弥陀如来や阿弥陀仏をお参りするために置くものです。お寺にある本堂と同じ役割を果たし、ミニチュア版のような形で毎日お参りするために使うものとなっています。

 

何のためにお参りする?

では何のために仏壇に毎日お参りするのでしょうか?仏教では極楽浄土に行くためですね。阿弥陀仏が心のよりどころとなってくれ、毎日を快く過ごすことができるようお参りする意味があります。そのため仏壇に供えるお供えも故人のためではなく、阿弥陀如来に対するものとなっています。

 

他の仏教の宗派はわかりませんが、庶民派ともいわれる浄土真宗では仏壇は阿弥陀如来を祭る場所であり、決して故人との繋がりを求める場所ではないんですね。阿弥陀如来への感謝の気持ちを持ち毎日お参りする場所なのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者