無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

新聞におくやみ掲載をする理由とは?

家族が亡くなり葬儀をすることになると、葬儀会社から「新聞のおくやみ掲載はどうしますか?」と聞かれます。
葬儀会社が新聞社にも連絡をしてくれて、おくやみ欄に掲載してくれるというわけですね。
でも、このように聞かれても、新聞のおくやみ欄に掲載する必要があるかは、多くの方が迷ってしまうのではないでしょうか。

 

新聞のおくやみ欄の意味

地元の新聞ではおくやみ欄が設けられています。
ここに○○が亡くなったという事実を掲載し、葬儀があれば何日に葬儀やお通夜があるという事実を掲載してくれます。
おくやみ欄への掲載は基本的に無料で行える新聞社が多いようです。

 

おくやみ記事は、ご遺族からご希望のあった場合、個々に確認して紙面だけに無料掲載しております。
北海道新聞より

 

おくやみ欄への掲載は、遺族がお願いした場合、または葬儀会社が代行してお願いした場合に掲載してくれるものです。
ちなみにおくやみ欄には有料の広告もあります。
簡単なおくやみ掲載は無料なのですが、葬儀のお知らせなど詳しい情報を掲載希望の場合は有料となります。

 

おくやみ欄は葬儀終了後に掲載することも

葬儀前におくやみ欄に掲載してしまうと、多くの弔問者・会葬者が訪れることになり、開場内では対応しきれない場合があります。
このような場合は、後日親近者のみで葬儀は終了していることをおくやみ欄に掲載することもあります。

 

社会的立場があった方などは、多くの方が訪れて会葬や香典の対応なども必要となってくるため、葬儀後に掲載する家庭も多くなっています。

 

また、おくやみ欄は個人情報なわけで、これを見た空き巣狙いも発生しています。
一人暮らしだった方など、家を開ける場合では、あえて葬儀終了後にお知らせすることもあります。
おくやみ欄には住所は掲載していませんが、近所の人なら誰が亡くなったということはわかり、防犯上の理由から掲載しないケースもあります。

 

おくやみ欄に掲載しない場合

時代の流れでおくやみ欄に掲載しない家庭も増えてきました。
昔は隣近所の人にも知らせて、地域みんなで葬儀を手伝ったりしていたものですが、今ではそのような風習はなくなり、親族へは電話で知らせるから必要ないというケースもあるようです。

 

また、おくやみ欄に乗せると、仏壇や墓など関連の営業に狙われることもあるといいます。

 

ほかにも、知り合いが多く連絡しきれない場合は、おくやみ欄を利用して多くの方に知らせる意味があります。
もう既に知り合いが亡くなっているような高齢者では、あえて掲載しない事例もあります。

 

地域によっては当日掲載されないことも

おくやみ欄への掲載人数が少ない地域などでは、ある程度の量がたまらないと、おくやみ欄に掲載されない場所もあります。
そのような地域では、数日経過してから掲載となるため、すでに葬儀が終わっている場合もあるようです。

 

数日分がたまってから掲載する地域では、知り合いや親戚などには、直接連絡を取ってもらったほうが早くなります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者