無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

葬儀の必要性とは?

本当の葬儀の意味とは何なのでしょうか?

 

亡くなった家族のためと思っていましたが、実は残された家族が心の整理を付けるためでもあったわけです。
葬儀、お墓や法要なども、仏教での慣わしで行なっていますが、本当は残された家族がやりたい方という強い気持ちがあるのかもしれません。

 

私は家族が亡くなるまでの闘病生活の間、十分に世話を行なってきましたし、やるだけのことはやった感があり、それ程葬儀についてはこだわりがなかったです。
家族葬儀、自宅での葬儀で十分だと。。。

 

しかし、生前ほとんど闘病生活のお世話を行なわなかったほかの家族は、十分な葬儀を行いたいと言い出しました。
お墓や法要なども必要だと。
それぞれの考え方、仏教を信仰しているか?によっても異なると思いますが、もしかしたら亡くなる前に十分に家族のために世話を行えなかった心残りのある人は、「せめて葬儀だけでも盛大に」と考えてしまうのかもしれません。

 

生きているうちに精一杯行なってあげた充実感があるなら、それ程葬儀などにはこだわる必要性はないと思います。
本当の葬儀とは、家族が心の整理を付けるためなのかもしれませんね。

 

最初は自宅での葬儀でも良いと言っていた私ですが、葬儀会社で形式ばった葬儀を行なってもらって、最終的には良かったとおもっています。
葬儀のレールに乗せられて、葬儀が進行していくため、心の準備もしやすかったのかもしれません。
火葬のみで直葬を行っただけの人は、心の整理が付かず、後々残ってしまう方も居るそうです。

 

どんな形でも良いですし、自由な発想の最近の葬儀でも良いのではないでしょうか。
亡くなった方のためとはいいますが、結局は残された家族のために行ないたいのです。
宗教にとらわれて、マナーで十分な悲しみを分かち合えないのも悲しいことだと思います。

 

自宅で葬儀を行い、後でお別れ会のようなものを会場を借りて行なっても良いと思います。
ただし、その方を本当に見送りたい方は、心の整理のためにも湯かんや最後に棺を閉める作業は行なった方が良いとおもいます。

 

湯かんは亡くなった家族を綺麗にして、死に化粧をし、死ぬための衣装へと着替えていきます。
綺麗に体を整え、棺おけに入れられる姿は、是非見ておいた方が良いと思いました。
私は、本当に亡くなったのだという気持ちが沸かなかったのですが、そのとき改めて家族が亡くなったことを認識できたからです。
綺麗になっていく姿を見て、心の整理が付くように感じられました。
その時は不思議と涙は出ず、綺麗にしてもらってよかったという気持ちが沸いてきました。

 

最後に棺に花を入れてそれぞれが別れをし、釘を打つ作業があります。
亡くなった方との最後の別れとなるため、とても辛いのですが、これがなければもしかしたら火葬するという決意が付かないかもしれません。
形式的に進行しますし、周りに迷惑をかけられないと思うと、気持ちを切り換えることができたように思います。

 

どんな葬儀でもかまいませんが、お別れに必要な行為はもしかしたら、残された家族のために必要かもしれません



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者