無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

故人も所得税を払う

亡くなれば税金を支払う必要がないと思われてしまいますが、実は確定申告の必要性があります。
元々確定申告が不要な方は要りませんが、生前働いていたり収入がある場合は、故人に代わって確定申告の手続きが必要となります。
確定申告は亡くなってから4ヶ月とありますが、不明な場合は確定申告の時期でも受け付けてくれる場合があり、確認してみて下さい。

 

確定申告は税金を支払うだけでなく、高額な医療費となった時に還付金として受け取ったり、税金が返ってきて得するケースもあり行なっておいた方が良いでしょう。

 

次ぎのような方は確定申告を行います。

・ サラリーマンでも副業など他の収入もある
・ 給与収入が2000万円を超えていた場合
・ 給与所得の他に副業などの収入が20万円以上ある
・ 医療費が高額になり医療費控除を利用して還付金がもらえるケース
・ 自営業
・ 年金でも還付金がもらえるケースもある

 

医療費控除で還付金

医療費が10万円以上になった場合では、還付金がもらえる可能性があります。
還付金とは支払った所得税が返ってくるもので、所得がゼロで所得税を支払っていない方は戻ってくる費用がありません。

 

年金でも還付金

年金の収入に応じて税金が算出されるため、多くもらっている方はその年に多く税金を支払っていることになり、還付金が発生するケースが多いです。
確定申告を行う場合、多くのケースで還付金がもらえます。
年金の所得が少なく元々税金を納めていないなら、還付金は発生しません。

 

サラリーマンの場合

サラリーマンの場合では、勤め先で年末調整を行なってくれ、税金が還付されるため手続きは不要です。
努めていた会社に確認しておくようにしましょう。
また、医療費を多く支払った場合では、別に確定申告をすれば還付金が戻ってくるケースもあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者