無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

葬儀のブラックスーツ

葬儀の際にはブラックスーツではマナー違反にはなりませんが、やはり喪服と比べて色が薄くなり、少し恥ずかしい思いをすることがあります。
若い方で急な葬儀で、喪服を用意できなかった場合では、ブラックスーツを着ている方もいます。

 

ブラックスーツと喪服は生地が違う

喪服はまっ黒で、ブラックスーツは葬儀の場では薄い黒に見えます。
葬儀会場では多くの方が喪服で来るため、ブラックスーツは明らかに違うことがわかります。

 

ビジネススーツなどに用いられるブラックスーツは、生地に多少光沢感があるなど、カジュアルに作られています。
喪服の場合は深い黒となり、光沢が一切無いつくりとなり、並ぶと違いは歴然です。

 

3万円くらいでも喪服はある

礼服は一般のスーツと比べて高いため、若い方などはなかなか用意できず、急な葬儀でブラックスーツを着ることもあるかもしれません。
しかし、喪服は3万円前後でも売られているため、購入しておくようにしましょう。

 

女性の喪服は1万円からでも売られていますが、男性用は3万円くらいからと少し高めの設定となります。
それでも、一度購入すれば10年20年は着るものです。
基本的にサイズが大きく変わらなければ、男性の喪服を買い換えることはありません。

 

大学生に1枚喪服を用意すべき

大抵の家庭では、学生服を来て葬儀に行くことができなくなる大学生の頃に、喪服を1枚用意します。
この場合は学生だからと安価な喪服を買う場合もあれば、一生着られる良い物を求める親御さんもいます。

 

ブラックスーツが認められるのは、20代前半までです。
大学生の場合も喪服を着る人が多く、1枚は購入しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者