自然に囲まれる樹木葬

今までは亡くなったらお墓に入れるという考え方が一般的でしたが、亡くなったら自然に返すという意味から、樹木葬という形が登場しています。
また、自然に囲まれた環境で静かに眠らせてあげたいという意味も込められているのでしょう。

 

まだまだ樹木葬を行なえる場所は少なく、実際には実用的ではないかもしれませんが、ちょっと遠方でもより自然なお墓のスタイルを望むなら利用してみるのも良いと思います。
お墓参りもピクニック気分で行くことができますし、樹木葬は跡継ぎが要らない永代供養という形で販売しているケースが多く、現代にピッタリだといえます。

 

樹木葬とは

その名の通り、墓石を立てる代わりに樹木を植えます。
通常のお墓は遺骨を骨壷のまま地中に入れて、その上に墓石を置くというスタイルです。
樹木葬は樹木の下に自然な形で遺骨を散骨するような形で埋める方法です。
遺骨をバラバラにして埋めるというスタイルに抵抗がある方もいるのでしょうが、逆により自然に戻したいという希望を持つ人も増えています。

 

散骨のようなスタイルではありますが、決められた土地を購入し、樹木を植えるため他人が踏み荒らしたり、勝手に使用するような事はありません。
周りの景色も樹木が育ち自然の中にお墓があるような形となります。

 

樹木葬の値段

樹木葬は一般的なお墓に比べると費用は断然安いです。
更に永代供養が可能なため、跡継ぎがいなくなっても安心して使用できるでしょう。
使用料は数十万円程度で売り出しているところが多いです。
年間使用料として1万円程度徴収する所もあり、良く調べてみて下さい。

 

お寺の一角を樹木葬として売り出しているケースも見られます。
所有者が居る山に散骨するような形を利用したり、何人かで利用する合同の樹木葬というスタイルもあります。
金額は山に散骨するだけなら10万円〜20万円など少ない金額からでも利用が可能です。
合同で利用する場合、ある区画を買わない場合でも、埋葬証明書がもらえきちんとしたお墓ともいうことができます。

 

骨壷のまま埋めるのか?

樹木葬は一般的に土に直接遺骨を埋葬します。
骨壷のまま埋葬するスタイルは少なく、土に直接埋めてしまうため、散骨のスタイルと似ています。
ただし、散骨と異なりどの場所に遺骨が埋まっているのかがわかるため、自然な形で埋葬したいが、お参りもしたいという方に適しています

 

何所に埋めたか分からなくなる?

樹木葬の場合は、何所に埋めたかきちんと埋蔵証明書をもらうことができます。
墓石がなく明確に判断する事は難しいかもしれませんが、どの区画に埋められたかははっきりと分かります。
お墓参りのように墓石はありませんが、ピクニック気分でお墓参りすることは可能です。

 

遺骨を返してもらえる?

樹木葬で気をつけなければならないのが、遺骨を直接土に埋めてしまう点です。
後で遺骨を返して欲しいと申し出ても、既に土と混ざり合っているため返してもらうことはできません。
万が一遺骨が土に返ってしまうのが不安な方は、一部を手元供養として残しておくと良いでしょう。
パウダー状にして残したり、ミニ骨壷に入れて自宅に保管しておけば良いでしょう。


いい葬儀の特徴
病院で亡くなったらどうしよう?と急いでいる方の相談を受け付けています。「病院から紹介された搬送業者はぼったくられそうで心配・・・」このような不安を抱えている方でも安心して無料で相談できます。葬儀業者ではなく第三者の目線から、最適な業者を紹介してくれます。葬儀いらないという方にも、病院からの搬送だけでも利用できる業者です。
価格
無料
評価
評価5
備考
葬儀のポータルサイト
いい仏壇の特徴
日本全国にある仏壇店8,000店舗以上を検索できるポータルサイトです。仏壇の必要性に疑問を持つ方でも設置しやすい、リビング仏壇や壁掛け仏壇を探すことができます。最初は仏壇はいらないと言っていても、結局買う人も多いため情報を得ておきましょう。10万円のギフトカードがもらえます。
価格
無料
評価
評価5
備考
仏壇のポータルサイト
いいお墓の特徴
葬儀がいらない、戒名いらないという人でも、公営霊園で利用できる「永代供養墓」の利用は必要となります。いいお墓は全国8,000件もの霊園や墓地を検索できるポータルサイトです。口コミも多数掲載されているため、情報収集先として選んでみましょう。無料で資料請求や現地見学予約ができます。
価格
無料
評価
評価5
備考
お墓のポータルサイト
トップへ戻る