無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

線香を絶やしてはいけない?

よく言われるのが「線香を絶やしてはいけない」ということ。
宗派によっても異なりますが、お通夜のみだったり、四十九日まで絶やさないようにする場合もあるようです。
現実的には四十九日まで毎日お線香を絶やさないようにするのは、難しいのではないでしょうか。

 

なぜ線香を絶やしてはいけない?

では、なぜ線香を絶やしてはいけないと言われるようになったのでしょうか。
これは、供養の意味としていわれることが多いのですが、それだけではなく遺体のニオイを紛らわせるためともいわれているようです。

 

線香は雑菌を抑える働きや、死臭を感じ難くする効果が得られます。
昔は今のようにドライアイスなどありませんでしたから、ニオイを少しでも和らげるたという考え方があったのかもしれません。
このため、お通夜から埋葬するまでは線香を絶やさないようにといわれているのでしょう。

 

もちろん供養の意味も込められていて、四十九日にあの世へと旅立つといわれているため、この日まで線香を絶やさないようにして、故人の霊が迷わないようにともいわれています。
しかし、浄土真宗では亡くなった時点ですでに成仏されているという考え方のため、そのような意味ではないと思います。

 

四十九日まで乗り切るコツ

 

四十九日まで寝ずに番をしているなど、難しいでしょう。
一晩線香が持つ蚊取り線香のような形になっているものを利用すると良いでしょう。
しかし、四十九日まで毎日火を付けっぱなしにしておくことは、家事の危険性があり避けた方が良いとおもいます。

 

朝や夜など毎日行なうようにしたり、火ではなく電池式の線香やロウソクを使った方が良いのではないでしょうか。
火事の危険性がある夜間や外出時は、それらのような電池式を使用することをおススメします。



ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者