清めの塩

葬儀には清めの塩がかかせない存在です。
葬儀が終わったら、自宅に入る前に清めの塩を利用する方も多いのではないでしょうか。

 

葬儀とかかわりがある塩ですが、不浄なものを清めるという意味を持って利用されています。
では、葬儀の後に利用するということは、亡くなった方を不浄のものと考えているのでしょうか?
風水でも利用されることがあり、悪いものを落すという意味や、清めて入れないようにするという考え方もあります。

 

元々塩には殺菌性があり、食べ物を腐らせないための保存の調味料として昔から利用されてきました。
塩自体には悪いものを浄化するという意味があるのは確かなようです。

 

実は元々仏教には塩で清めるという風習はなく、新道で利用されているものだったのです。
この考えが混ざり合ってしまい、葬儀の後などに塩が使われるようになってしまったのでしょう。
新道では死を悪いものと考えられており、清めとして塩を使う風習があります。

 

本来の仏教の風習ではないのになぜ利用するかは不明な点もありますが、現代の仏教には色々な風習が混ざり合っており、新道での風習と入り混じってしまったのかもしれません。
また、風水なども日本には定着しており、不浄なものを清めるという意味で、塩は使われはじめたのでしょう。

 

亡くなった人自体は不浄なものではないと思いますが、もしかしたら「死を招く」と考えたり「死」自体を不浄なものと考えてしまっているのでしょう。
良く「四十九日までは亡くなった人が家族を呼ぶ」といいますが、死という不浄なものを生きた人間に呼び寄せないため、清めるのかもしれません。

 

仏教でも利用しないものもある

仏教でも塩をまったく利用しない宗派もあります。
浄土真宗は塩を使いません
亡くなった方は亡くなった時点で既に成仏されており、不浄なものを呼び込む存在ではありません。

 

亡くなった方が不浄なものと考えなくても、ケジメとして利用したい場合や、死を遠ざけるという意味で清めたい場合もあると思います。
塩を利用したからといって本当に清める効果があるかはわかりませんが、一つの風習として個人個人が各自行なうのは良いのではないでしょうか。

 

本来は仏教で塩は利用しないという事を認識の上、習慣として行うと良いと思います。
葬式の後に塩を利用しなければ、汚れたものを家の中に入れるというわけでありません。


いい葬儀の特徴
病院で亡くなったらどうしよう?と急いでいる方の相談を受け付けています。「病院から紹介された搬送業者はぼったくられそうで心配・・・」このような不安を抱えている方でも安心して無料で相談できます。葬儀業者ではなく第三者の目線から、最適な業者を紹介してくれます。葬儀いらないという方にも、病院からの搬送だけでも利用できる業者です。
価格
無料
評価
評価5
備考
葬儀のポータルサイト
いい仏壇の特徴
日本全国にある仏壇店8,000店舗以上を検索できるポータルサイトです。仏壇の必要性に疑問を持つ方でも設置しやすい、リビング仏壇や壁掛け仏壇を探すことができます。最初は仏壇はいらないと言っていても、結局買う人も多いため情報を得ておきましょう。10万円のギフトカードがもらえます。
価格
無料
評価
評価5
備考
仏壇のポータルサイト
いいお墓の特徴
葬儀がいらない、戒名いらないという人でも、公営霊園で利用できる「永代供養墓」の利用は必要となります。いいお墓は全国8,000件もの霊園や墓地を検索できるポータルサイトです。口コミも多数掲載されているため、情報収集先として選んでみましょう。無料で資料請求や現地見学予約ができます。
価格
無料
評価
評価5
備考
お墓のポータルサイト
トップへ戻る