無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

葬儀の際にバラ

最近はオリジナルの祭壇を作る例も増えていて、故人が好きだった花をメインにするケースも出て来ています。
もちろん真っ赤なバラでも作ることができます。

 

赤いバラの祭壇は非常識

一般的に赤いバラの祭壇は非常識だと思われてしまいます。
多くの方が訪れる場合、「故人が好きだったバラを」など張り紙をしたり、アナウンスするなど一言加える必要があるでしょう。

 

また、真っ赤なバラのみで祭壇を作るのはやはり非常識となってしまうため、遺影の周りのみを赤いバラにするなど作り方にも配慮が必要となります。

 

菊の花を嫌がる人も増えている

最近は菊の花は死人の花のイメージから、自分の葬儀の際には止めて欲しいと考えている人も増えてきています。

 

お葬式の祭壇=菊ということはまったくなく、最近の葬儀会社はニーズに合わせて花を合わせてくれます。

 

真っ赤なバラは高額になる恐れも

葬儀の祭壇にすべて真っ赤なバラとなると、費用も高額になる恐れがあります。
すべて真っ赤なバラで埋め尽くすのもなんとなく見ていて気持ちが良いものではありませんから、ほかの花も加えてみましょう。

 

葬儀会社と契約しているお花屋さんにも、当日大量のバラがあるとは限りません。
やはりバラで埋め尽くすよりも、一部をバラにして、その人らしさを出すのが良い方法だといえます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者