無宗教の葬儀をあげたい!葬式は不要、家族葬儀で良いと思うなら

お金のかからない葬儀方法

とにかく一番お金のかからない葬儀方法を知りたい。
このように考える方もいるでしょう。
急に親が亡くなってしまい、自分も親も貯金がほとんど無く、とにかく料金は安ければ安いほどいい。

 

別にこのようなケースは恥ずかしいわけでも何でもなく、最近ではシンプルな葬儀のみで済ませる家庭も増えています。

 

お金のかからない葬儀とは?

火葬のみのプランでも10〜20万円くらいはかかります。

・ 棺おけ・・・5万円
・ 骨壷・・・1万円
・ 搬送費用・・・3万円(病院から自宅と自宅から火葬場まで)
・ 写真代・・・2万円
・ 花やドライアイスなど

最低限必要な物だけでも10万円、簡単な祭壇やアシスタントを雇えば数万円プラスとなり、20万円あれば一番シンプルな葬儀ができることになります。

 

献体という選択例も

献体とは、医学に貢献するようご遺体を提供することです。
無償で提供する代わりに、大学や関連施設が火葬まで責任を持って済ませてくれます。
本人が献体を望んでいた場合などに利用されています。
注意したいのが、ご遺体は1〜2年後に返されることです。
返されるといってもそのままの形ではなく、大学や関連施設が火葬し、遺骨を返されることになります。
登録は無料で、一切お金がかかることはありません。
搬送費用、火葬費用は大学持ちとなります。

 

セルフ葬儀

一切葬儀業者を通さず、自分達だけで葬儀をあげる方法もあります。
なかなか難しいことではありますが、協力してくれる人が居て、本人もそれを望んでいたとすれば叶わないことでもありません。

 

遺体の搬送は自分でも行なうことができます。
安全面から寝台車が利用されているだけで、大きなバンなどがあれば、自分達で搬送することもできます。

 

ただし、遺体を搬送している際に警察に止められると、やっかいなことになりますから、必ず死亡診断書を携帯している必要があります。
これがあれば、自分達で家族を搬送しても違法ではありません。

 

自宅に安置する場合、体が痛まないようにドライアイスを設置する必要があります。
布団は故人が普段使っていたものでかまわなく、白いシーツを敷いてその上に安置させます。
火葬は亡くなってから24時間は行なえない決まりのため、1日は最低でも自宅で過ごすことになります。

 

火葬の予約は自分でも行なうことができます。
火葬の予約は市町村が発行する「火葬許可証」が必要となるので、市町村役場に死亡届を出した際にもらっておきます。
ちなみに死亡届は夜間や休日でも受け付けているので、近くの自治体での対応時間を確認しておきましょう。

 

火葬当日は棺おけに入れてから、火葬場へと運びましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬とは? 葬式不要? 仏壇の必要性 家族葬の資料 無宗教者